盛岡誠桜高等学校

TOP > 留学、海外研修

留学、海外研修

誠桜の国際交流 短期海外研修&6ヶ月・1年海外留学
Spread Your Mind! Study Trip & Study Abroad

イギリス短期海外研修(10日間)

ショートステイ海外短期研修地

誠桜から世界へ飛び込むチャンス、その①!それはイギリス短期海外研修です。

英国の首都ロンドン市内、その北西部にあるハムステッドという閑静な住宅街にLSI Hampstead語学学校があります。ホームステイをしながら毎日英語の勉強にLSIへスクーリングをしつつ、日程の中にはロンドン市内観光や郊外への観光も入っている充実した10日間になっています。ロンドンのような市内至る所に観光名所が点在している都市は、世界的に見ても珍しいそうです。その様なロンドンの観光名所も語学研修と平行して楽しめる内容です。

研修に参加した生徒達全員が英語の必然性を肌で感じ、海外文化に深く影響されて帰国をします。又、卒業後更に見聞を広げる目的で、大学等へ進学し、長期留学を経験した生徒達がたくさんいます。

古き良き伝統を重んじる国、歴史が支える国イギリスで、語学研鑽のための研修に参加をしませんか。

*海外研修地に関しては、安全面を考慮して渡航地を決めております。よって世界情勢によっては、英国ではなく、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアのような英語圏への研修地の変更もあります。

Oxford ChristchurchHendon SchoolLSI Hampstead校2

イギリス・ロンドン・ハムステッド10日間海外研修プログラム 日程表
1日目 東北新幹線⇒東京駅⇒浜松町へ 羽田空港 近郊のホテル宿泊
2日目 【8:30】ホテルから送迎バスで羽田空港へ
【11:40】羽田空港より 全日空にてイギリス ヒースロー空港へ(飛行時間 12時間35分)
 ……ヒースロー空港着 (時間はイギリス時間)……
【15:25】ヒースロー空港着 専用車でロンドン市内のホテルに宿泊
3日目 【9:00~15:00】LSIロンドンハムステッド校にてオリエンテーション
語学研修後、それぞれのホームステイ場所に移動
4~6日目 LSI語学学校にて 誠桜高校専用のクローズト英語授業(通学・下校は生徒だけで)
7日目 【9:00~16:00】電車にてロンドン郊外の見学
(候補地:ウィンザー城、オックスフォード、ケンブリッチ、バイブリー 方面)
8日目 【9:00~16:00】電車にてロンドン近郊の見学(候補地:テムズ川沿い タワーゲイト、
ロンドン塔、セント・ポール寺院、マダム・タッソー蝋人形館、リトル・ベニス、アビー・ロード、等)
9日目 LSI語学学校 周辺の散策 その後LSI語学学校からヒースロー空港へ
【17:00】ロンドン 全日空にて ヒースロー空港発羽田空港へ
 ……機中泊 (時間は日本時間)……
10日目 【15:50】羽田空港到着 浜松町⇒東京駅⇒盛岡へ
【21:34】盛岡駅到着

 

ニュージーランド中・長期海外留学

ニュージーランド

誠桜から世界へ飛び込むチャンス、その②!、それはニュージーランド中・長期留学です。

英語が得意・不得意に関わらず、苦手だけれどもっと英語が分かりたい、ネイティブと自然に話せるようになりたい。そんな人たちのために誠桜高校では留学制度を用意しています。6ヶ月、1年間と希望に沿って留学をサポートします。留学校は本校と姉妹提携をしているニュージーランドの学校(姉妹校2校、提携校5校)で学校生活を送ることができます。

安心と信頼のネットワーク

留学期間中は、現地のOKCオセアニア交流センターの誠桜デスクにて、OKC日本人スタッフやアドバイザーが皆さんのケアにあたります。勿論、滞在中の様子は本校国際部の教員スタッフから報告がありますので安心の制度のもと、生活を送ることができます。

ニュージーランドは治安の良さでも世界トップレベルの国です。又、留学期間中は全て誠桜高校の単位として認定されますので帰国後も、*留年の心配がなく留学生活を送ることができます。気候が日本と真逆のニュージーランド。1月の留学スタートはまさに夏本番ですので、開放的な気分で留学をのびやかにスタートできるのも特徴です。安心と信頼のもと、ニュージーランドで長期留学をしてみませんか?

*学校教育法施行規則 第93条第2項による留学規程に基づく

日本人アドバイザーによる充実したサポート

「慣れない外国生活、もしものことがあったらどうしよう・・・」

その、もしも・・・の時のために、盛岡誠桜高校はウェリントンにある、OKCニュージーランド ウエリントン事務所に誠桜デスクを設け、緊急事態時にはもちろんですが、生徒の海外生活全般をケアしていただいています。

日本人女性のアドバイザーがいますので、日常生活の困りごとや悩みごとなど、何でも相談できるシステムになっています。このようなシステムの下で生活しますので現地の生徒は勿論、日本で見守る保護者の方々にとっても心強く、安心です。

平成30年度
ニュージーランド留学スケジュール
2018年5月 生徒および保護者向け留学主旨説明会
プログラムの内容説明だけでなく、参加するための条件や資格などの説明をします。
7月下旬 留学参加生徒の仮決定
8月下旬 留学参加生徒・保護者向け説明会①
パスポート取得手続きや留学規則、現地校やホームステイアプリケーションフォームの配布をします。
9月上旬 保護者および生徒に対する個別面談会
生徒と保護者に対し、留学主旨に関する最終確認と適正判断の実施を行います。
10月~12月 生徒対象:留学成功のための事前研修(ケーススタディ)
留学中の対応法を学習します。
10月中旬 留学費用残金の支払い
留学参加生徒・保護者向け説明会
12月下旬 渡航関係説明
最終ガイダンス
2019年1月 ニュージーランドへ向け出発
ニュージーランド長期留学生
普通科 進学コース 2年 上野さん

ニュージーランド長期留学生 1

現地のSeio生のための留学校
姉妹校(女子高校) *ニュージーランドの半公立女子高校
Sacred Heart College
St. Catherine’s College

提携校(男子高校)
St.Patrick's College
St.Patrick’s College
Wellington College
Wellington College
Rongotai College
Rongotai College

提携校(共学校)
Newlands College
Newlands College
Tawa College

これらの学校は、誠桜高生で英語への関心が高い生徒、全員を受け入れてくれる学校です。
留学のための特別な試験はありませんが、事前のオリエンテーションや英会話授業(e-lerning含め)へは参加することになります。(詳細は入学後の留学ガイダンスで説明します)

ニュージーランドの留学制度Q&A

留学期間中の日程はどのようにして決めるの?

現地コーディネーターと相談しながら、留学の目的が果たせる日程を一人ひとりに合わせて無理なく決めていきます。※但し1年の長期留学は1学年の1月に出発となります。

留学前にしなければならない勉強は?

普段の英語授業のほか、インターネットを活用した学習や、TOEICなどの国際英語検定、異文化についての学習があります。

進学コース以外の学科からも留学できる?

できます。ただし、事前の学習プログラムに参加することが必要です。
※実際に今まで進学コース、総合コース、商業科の生徒が留学しています。